Profile

鈴木太良

マンドロンチェロ奏者・作曲家。

1983年8月16日 静岡県浜松市生まれ。

4歳でピアノ、14歳でクラシックギター、16歳でマンドリン・マンドロンチェロを始める。

マンドリンオーケストラでの、チェロパートトップ経験多数。

6年連続で渋谷公会堂のステージに立つ。

2000年 第30回 全国ギター・マンドリンフェスティバル 優秀賞、スペイン大使賞

2006年 第1回 MUSICA MANDOLINO 合奏コンクール東京 第1位

2013年 第9回 大阪国際マンドリンフェスティバル&コンクール B部門(マンドロンチェロ独奏) ファイナリスト。


Taira SUZUKI

is a Mandolon cellist - composer from Japan, finalist of 2013 Osaka International Mandolinists' Competition(Section B; Mandolon cello solo).

He was born in 1983. At age of 4, he started to play the piano, at age of 14, started to play the classical guitar, at age of 16, started to play the mandolin and the mandolon cello.


Through his experiences as a firrst mandolon cellist of KEIO GIJUKU Mandolin Club, and Liberte

Mandolin Orchestra,he has deepened valuable insight about not only classical music, but also contenporary and popular music.